【藍川美夏】本物のM女へと調教され緊縛鼻フックや浣腸責めに悦ぶ

SM・陵辱

真正のマゾ女優として名を轟かせそうな藍川美夏を服従させ手厚い調教で苦痛を快楽に変えていく。屈辱の仕打ちを受けながらも愉悦の表情や汁を垂らしていく。

タイトル

『被虐のマゾ女優 藍川美夏調教記録』

商品情報

出演者:藍川美夏

メーカー:タイト

レーベル:バインドマニア

再生時間:171分

対応デバイス:パソコン、iPhone/iPad、Android、Chromecast、Amazon Fire TV/Fire TV Stick、Apple TV、テレビ、PS4/PS Vita

個人的評価

(満点/5点中)

商品紹介・レビュー

世の中にマゾ気質な女性はたくさんいると思うが、たいていの場合は何かを強要されたり行為として自らに向けられたときにどう感じるかでM女なのかを判別できる。普段の生活でも軽くマゾだと思うことがあっても性行為に関してマゾと感じるのはごく一部の者で、相手の性癖がサディスティックだったり自分から求めていくほかに欲望を達成できない。

そういったSM行為は受ける側が好奇心があるからこそ成り立つものであり、嫌々ながらやるものは自分や相手を満足させることはできない。そういう意味ではM女は好奇心の殻を破れた強者であり、そこから先で自分がどれだけ追い込めるかは未知数なところで、少しの刺激では満足できない体になってしまっていることもある。

真正のM女は狙ってなれるものではないが、AV女優になってから腕に磨きをかけて他を寄せ付けない存在になった女優もいる。その一人が藍川美夏であり、どのような苦痛でも快楽へと変えてしまう変態的感情の持ち主である。痛くてつらい仕打ちを受けようが悦びの反応を体で感じて表情や言葉にも嘘がない。そういった彼女の安心感があるからこそ、今作のようなハードSMプレイでも見入ることができる。

木漏れ日の中で裸身になり縄緊縛されていく様子は美しささえ感じ、緊張を見せながらもM女としての自信がすでに表情から読み取れる。個人的には縄で柱に拘束されて鼻フックや乳首に低周波を受けているときに、タコ糸でお灸をするように乳首やクリを撫で回されているシーンで悲鳴に近いような声で感じているのが良かった。舌の口からも淫らな汁が垂れまくり、エロの究極を体現していると感じさせられる。

ほかにも浣腸プレイや蝋燭を両手で持たされ熱さに喘ぐシーンなど見どころ充分。ただ淡々とすすめられているように見えて、強弱をつけてメリハリもつけて視聴者を飽きさせない。女優と監督が織りなす傑作として今後も作品は語り継がれると思う。

⇒藍川美夏のM女たるものの生き様が見れるAV作品の詳細はこちら

 

最新人気SM・陵辱AV作品

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました